記事を気に入っていただけたら 1クリックおねがいします 人気ブログランキングへ

2010年04月24日

手と心にイヤ〜な汗をかく 『ハート・ロッカー』


ジェレミー・レナー

好演ですね〜

かなりぶっとんでマスexclamation


なんか 目が

『時計じかけのオレンジ』の

マルコム・マクダウェル っぽくてあせあせ(飛び散る汗)





『ハート・ロッカー』のレビュー記事の続きを読む
posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(戦争) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

最低という言葉が かっこよく似合う 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』


題名を裏切らない

くだらなさ・お下劣さどんっ(衝撃)


豪華俳優陣、すべて ぶっ飛んでマスパンチ


特にトム・クルーズの

ダントツな快演に

おもわず 目が点exclamation×2




『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』のレビュー記事の続きを読む
posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(戦争) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

全米上映禁止騒動まで起きた問題作 『リダクテッド』





今日は
ブライアン・デ・パルマ監督作品

ヴェネチア国際映画祭
銀獅子賞(監督賞)受賞作品
イラク戦争の恐るべき真実に迫る
『リダクテッド』
(2007年/アメリカ・カナダ)

描かれる内容は
真実に基づいた
フィクションということで、
一見して限りなく
ノンフィクション風な作り込み

イラク人女性へのレイプ、
一家皆殺し事件を核に
話が進みます。

兵士が撮影した
手持ちビデオ映像を軸にして
イラク戦争が抱える
米兵、イラク人双方の
深い心の闇に迫り
壮絶な報復の連鎖を
とらえていきます台風

過去のデ・パルマ作品って
華麗かつ計算された映像テクニック
魅せる作品が多かった中、
この作品は
映像テクニックなど
まったく排除して、
ドキュメンタリー風に、
目を背けたい映像を
生々しく淡々と、
映し出していきます。

作り物のホラーなんかとは違って
テーマがテーマだけに、
ひじょーに鑑賞後
心がヘビーですバッド(下向き矢印)
posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(戦争) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

不正規戦を描いたリアリティの極致 『ブラックホーク・ダウン』





1993年
実際にソマリアでおこった
『モガディシュの戦闘』
リアリティの極致で描いた
リドリー・スコット監督
ジェリー・ブラッカイマー製作
ジョッシュ・ハートネット主演の
『ブラックホーク・ダウン』

ブラックホークとは
米軍のヘリコプターの名前です。

ソマリア内戦下
首都モガディシュへの
米軍の強襲作戦時
2機のブラックホークが
携行用ロケット弾によって撃墜され
最悪の市街戦に突入

臨場感・緊迫感の凄さに
圧倒されます雷

リドリー・スコット監督と
戦争映画って
結びつく感じがしなかったんですが
何を撮ってもやっばりスゴイ

スピルバーグ監督の
『プライベート・ライアン』
と並び
リアリティを追求した
極限描写を通して、
現代における
不正規戦の難しさ、
複雑な問題背景を
我々見る者に
改めて問いかけてきます。

最後に、今振り返ると
キャストも凄いぴかぴか(新しい)

ジョシュ・ハートネット
ユアン・マクレガー
トム・サイズモア
エリック・バナ
サム・シェパード

そして
オーランド・ブルームexclamation×2

自己中心的オススメ度ひらめきひらめきひらめきひらめきひらめき
posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(戦争) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

究極の友情 『キリング・フィールド』





今日はまじめに眼鏡

ほんとに、まだ見られてない方
特に若い世代の方に
見ていただきたい傑作
といいますか名作ですねかわいい

1970年代
ポル・ポト政権下の
カンボジア内戦を舞台に
1984年度
アカデミー賞助演男優賞・撮影賞・編集賞受賞
ローランド・ジョフィ監督
サム・ウォーターストン主演の
『キリング・フィールド』

この映画、実体験なんですよね〜
ニューヨークタイムズ記者で
ピューリッツァー賞を受賞した
シドニー・シャンバーグの体験を
実写化してますペン

国境・人種を超えた
究極の『友情』
『イマジン』がバックに流れる
ラストの再会シーン
言葉がありません。

残念なことに
カンボジア人のガイド役
アカデミー賞助演男優賞
のハイン・S.ニョールは
1996年ロサンゼルスの自宅前で
銃撃され亡くなったとのことです。

ほんとうに素晴らしい映画に
時代の流れによる風化は
ありませんぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)






posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(戦争) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。