記事を気に入っていただけたら 1クリックおねがいします 人気ブログランキングへ

2009年04月23日

おちたら最後... 『ディセント』


地底に巣食う邪悪な"ヤツラ"と

互角にわたりあう "おねぇ"の魅力!







記事の続きを読む
posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

生き残るのは誰様か? 『ドッグ・ソルジャー』





今日は
マイ・フェイバリット隠れ秀作

第20回ブリュッセル
国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞


英国産ノンストップ
暴走人喰いアクション・ホラー
『ドッグ・ソルジャー』
(2002年・イギリス)

イギリス軍小隊
スコットランド山中の
深き森の中で 
"恐るべき人狼一家"に遭遇

逃げ込んだ山中の一軒家で
血みどろの攻防を
繰り広げマスどんっ(衝撃)

何てったって
つかみコピー

" 生き残るのは獣様か、俺様か! "
 
って、凄いですねexclamation

テンポ良くて
演出もスルドイパンチ

新しいアイデアも
盛り込んでいて
飽きることなく
ノンストップで突っ走ります

テーマ音楽も重厚で
かなりカッコイイですよ

第二のサム・ライミと言われた
ニール・マーシャル監督

この後監督した
『ディッセント』
インパクトある
なかなかの作品となってマスヨー(長音記号1)

自己中心的狼男最強度
(5点満点中満月満月満月満月)
posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

ここまでさせるか! 『フロンティア』





今日は事前に
こころして鑑賞されることを
オススメします
『フロンティア』 (2007年 仏)

『ヒットマン』
ザビィエ・ジャン監督による
フランス製サバイバル・ホラー
なのですが

いや〜
アメリカ製スプラッターとは
一足違った表現描写というか
ある意味アメリカ製を
驚愕し超えるくらいの
インパクト持ってますパンチパンチパンチ

主演女優のカリーナ・テスタ サイコ〜

ここまで
血糊かぶりまくりで
ぶっとんだ演技してる女優
なかなかいないexclamation×2
『キャリー』にも負けてません

最初は
単にキャンキャンうるさい
ヒロインなのかなと
思ってましたが
後半、黒髪を
ばっさり切り落として
血糊パック
真っ赤な顔して
白目剥き出し
左右に大きく顔震わせて
サバイバルしていく姿

ここまでさせていいんでしょうかー(長音記号1)
って感じです

ヨーロッパ
女性主人公ホラーとしては
仏製『ハイテンション』
英製『ディセント』
スペイン製『REC』と並びお薦めですけど
くれぐれも心の準備をお忘れなくダッシュ(走り出すさま)

『REC』レビュー
http://saruude.seesaa.net/archives/20081230-1.html

自己中心的ヒロインぶっとび度
(5点満点中ひらめきひらめきひらめきひらめきひらめき)
posted by さるうで編集長 at 11:24| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

ピタゴラスイッチの仕掛けもおねがいします 『SAW5』






いや〜
シリーズを重ねるごとに
仕掛けが大掛かりに
なってきました。

こんな仕掛けを
チョチョチョ
作っちゃう
ジグソー医師exclamation×2

NHKの
『ピタゴラスイッチ』
玉ころがし装置なんかも
今後是非、
トライしてみてほしいです

『SAW6』の頃には
『紅白歌合戦』
8時ダヨ!全員集合』
なみの仕掛けに
なるんじゃないすかダッシュ(走り出すさま)

ラストも大掛かり
『スターウォーズエピソードW』
デス・スター内部の
ごみ処理室で危機一髪の
ハン・ソロレイア・オーガナ姫
思い出しました目

ちなみに
オープニング
大きな刃で
胴体真っ二つの危機、
70年代後半の
土曜ワイド劇場』
天地茂明智小五郎シリーズ
あんなのにそっくりな
殺人ギミック
ありましたネ〜

最後に
今回九死に一生を得て
助かったはずの
FBI捜査官ストラムさん
懲りない性格に
恐れ入ります犬

自己中心的後味悪さ度
(5点満点中台風台風台風台風
posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(4) | 映画(ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

御用心ください 『ホステル2』





スロバキアのホステルから
ふたたび
最恐ジェットコースター
はじまり
『ホステル2』

タランティーノって
ホントに
ウケル人とウケナイ人の
差がありすぎだと思いますどんっ(衝撃)

この一本は、こころして見て下さい。
ていうか
あんまり乗り気じゃなかったら
前作もそうですが、見ないで下さいダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
あと味、生たまねぎかじったあとより
悪くなりますので

最近のコノテジャンルでは
『テキサス・チェーンソー・ビギニング』
と並び、好きな方以外はお薦めいたしませんひらめき

今回は、"オークションの商品"
前回の男性グループから
女性グループへとかわります

最後のサッカーシュート
快心のキックでしたが
オープニングでの
1作目男性主人公の
描かれ方を思うに
本作の女性主人公の行く末が...

自己中心的あとあじ悪さ度10点中☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。