記事を気に入っていただけたら 1クリックおねがいします 人気ブログランキングへ

2010年04月25日

ありえない人体破壊 『ファイナル・デッドサーキット』


今回もエグイな〜どんっ(衝撃)



そんなふうには壊れんだろ〜 的な

非現実的すぎる人体破壊が 

シリアス通り越して荒唐無稽で

逆に救われてダッシュ(走り出すさま)









早くもシリーズ4作目

今回は3D対応として劇場公開された
非道徳的残酷描写のオンパレードあせあせ(飛び散る汗)

『ファイナル・デッドサーキット』
(2009年アメリカ/デヴィッド・R・エリス監督)



オープニングが
毎回最大の見せ場パンチ

いっきに気分悪くexclamation 

なりますよ〜

1作目は飛行機事故
2作目は自動車事故
3作目はジェットコースター事故

そして今回
4作目は、サーキット場での事故台風


『映画は映画として楽しみましょう』 っていう
冗談を許せる覚悟と
広い心・余裕がないと

ホラーはNoですよ って方が
まかり間違って鑑賞されちゃった場合

とんでもなくデリカシーの欠如した映画として
烙印を押されるのは間違いないでしょうバッド(下向き矢印)


まぁ
下品で悪趣味な雰囲気全開なのは
このシリーズ全般に言えることですが



主人公達を脅かす敵が『運命』であって
殺人鬼が出てこない分

どうすりゃいいの〜 って感じて
後味いつも悪いですね〜


どうせ最後は、みんなやられちゃうんだろ〜

って 解っちゃいるんだけど


でも今回もヒロインがかわいいので
頼むから何とか活路を見出してくれ って

やや感情移入しちゃいましたグッド(上向き矢印)

だから
エスカレーターでペロペロ

になっちゃった時は
さすがに気分悪くなりましたけどダッシュ(走り出すさま)


出演者皆様の”やられよう”が見所だけに

『次はこうなって必ずこうなるはず』っていう
予想に反し

見事にはずされると
それはそれで
なぜかニンマリ苦笑いしちゃったりして


個人的には
2作目『デッドコースター』
一番完成度高く
怖さ・グロさも突出してたと思いますが

今回も結構手堅くまとまってる作品だとは思います



3Dで観てないですが
本当は3D用のみせどころが結構あるんですよね〜










posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファイナルシリーズは全て見ております。
今回の作品は出張先のホテルT・Y・インで暇つぶしで見たのですが、相変わらず殺され方が酷過ぎます。
私も編集長と同意見で、2作目のクオリティが高いと感じております。
また、良い作品を絶妙なコラムで紹介して下さい。
楽しみにしてます。
江東区のコモでした。
Posted by コモ at 2010年06月04日 00:18
コモさん、いらっしゃいませ
コメント感謝です♪

これからも
御趣味にかなうかどうかわかりませんが
独断と偏見で選定した作品を御紹介していきますので、宜しくお願いします

本シリーズ、
心の準備万端な状況で身構えているのに
見事にタイミングはずされ、
一呼吸おいて
いよいよくるぞ〜くるぞ〜って
改めて、うす目だけ開けて身構えてても、
またまたスカされて、こないか〜 って

本シリーズのスタッフも
けっこう性格がひんまがってますよね!

ジェイソン的なシリアルキラーもサイコも
まったくでてこない本シリーズ、
しいていえばイヤな風が吹くくらいですが、
そこが救いようなく逆にコワイですね〜
Posted by さるうで編集長 at 2010年06月04日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。