記事を気に入っていただけたら 1クリックおねがいします 人気ブログランキングへ

2009年12月12日

孤高の人間断頭台! 『パニッシャー:ウォー・ゾーン』


いいじゃないですかexclamation×2

複雑なストーリー展開一切必要なしの

問答無用ガン・バイオレンス・アクションどんっ(衝撃)

隠れ最高傑作かもるんるん





最近
さすがにお疲れ気味のみなさま(わたしも含め)

一切頭を使わずに
最高にスカッっとする

お薬的1本

ご紹介デスるんるん


マーベル・コミック原作の
『パニッシャー: ウォー・ゾーン』
(レクシー・アレクサンダー監督
 /2008年アメリカ)


ストーリー単純明快
キャラクターも同様

でも
逆に最近
いい意味でこんなベタな映画が
久しぶりに見たかったキスマーク

ということで

主人公
パニッシャー

なんとも言えず
感情移入していきますね〜


人がやけに死にますし
バイオレンス描写
はんぱじゃないですが

死ぬのは90%
極悪人ばかりですのであせあせ(飛び散る汗)

映画の性質上、お許しを


なんか
目新しい手法あんのかってきかれたら

実はそんなに
斬新的なエッセンス
含まれてるわけではないのですがー(長音記号1)

でもでも
テンポ抜群
押して引いてのバランス感覚が絶妙というか

B級な内容であろうとも
しっかりと製作陣に
映画愛を感じるというか

けっこう隠れ傑作デスぴかぴか(新しい)


冒頭
シャンデリアぶらさがり銃撃テクなんかは
『スポーン』なんか
思い出しましたけど


しかし
マニアのみなさまにはたまらないでしょう、
この銃火器群の驚異的充実度

マズル・フラッシュ
銃音響

そういう意味でも
サイコ−な1本デスexclamation
posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(アクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135504879

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。