記事を気に入っていただけたら 1クリックおねがいします 人気ブログランキングへ

2009年09月23日

火星の地表にスマイル・バッジ作るな! 『ウォッチメン』


クールなロールシャッハ最高

黒ハートシルクスペクター黒ハート

Dr.マンハッタン パンツくらい履けexclamation 






ハマッタexclamation×2

いいですね〜


『300』
ザック・スナイダー監督作品

DCコミックの映画化最新作品

かなりのダークさと
ラストは深遠なテーマも感じさせる
スーパーヒーロー集結のハード・アクション

『ウォッチメン』
(2009年/アメリカ)


上映時間163分と
かな〜り長く
鑑賞前は
中盤の中だるみを覚悟していたわけですが..

いったん鑑賞しだしたら
あらあら不思議・止まらないー(長音記号1)

ジブン的には
かっぱえびせん
フェイバリッド・ムービーとなりましたぴかぴか(新しい)


ストーリーは..

1985年が舞台
史実とは若干異なる
もうひとつの地球世界でのお話

「スーパーヒーロー」達が存在し
「ウォッチメン」というグループとして活躍する世界

実は彼らは
歴史上の数々の重要事件にも関わり
世界に強い影響を与えてきたのですが..

やがて
ヒーロー行為を禁止する条例が施行され
表立ったヒーロー行為は禁止に台風

そして
ウォッチメンの一員であった
エドワード・ブレイク
通称コメディアンが何者かに殺され

巨大な陰謀をかぎつけた
メンバー随一の
ハードボイルド・ヒーロー
ロールシャハ
単身捜査に乗り出すのですが...


スーパーヒーローが多数出演する他作品
例えば
『X−メン』
『ファンタスティック・フォー』

あたりと比較すると

随分と暗くて、大人な雰囲気眼鏡

そして米・ソ対峙の緊迫した世界情勢の中で
悲壮感や絶望感を底辺に漂わせながら
過激なバイオレンス描写が満開どんっ(衝撃)

かつスタイリッシュ
統一感あるカラー
映像・場面の切り換えしも凝ってます

1985年現在形のストーリーをとりつつも
その中で
各々の登場キャラ
過去のエピソードも織り交ぜて
飽きない構成で物語は進んでいきます

1985年ってことで
インターネットはまだ普及してない
TVメディア中心のあの頃の雰囲気が
良く再現されてますねグッド(上向き矢印)

パソコンディスプレイ
まだドット数も荒くって
う〜ん、あの頃って感じで

本作のラスト
ついに暴かれる巨大な陰謀は
じつに深〜いテーマ
なかなかに考えさせられるんですが..

ヘビーです


それにしても
本作のキャラもまた、濃いな〜 

一番のお気に入りは
マスクを被った
ハードボイルドロールシャハ

彼が自ら語る
”ロールシャハ記”が渋い
ジャッキー・アール・ヘイリー好演です

登場キャラの中では一押しで好き〜るんるん


そんでもって
もはや超人という枠すら飛び越えている
青光り原子人間 Dr.マンハッタンが強烈パンチ

アポロの月面着陸や
ベトナム戦争終結にも影響を及ぼした男

どんな風に影響していたかは
観てのお楽しみですが
アポロの月面着陸シーンは、チラッっと小出しで

しかし劇中ほとんど素っ裸、なにゆえですかexclamation&question


ヒロインシルクスベクター
バットマン風のナイトオウル
コスチュームがグー

ロールシャハが収監された刑務所内で
彼を救うべくバッタバッタと敵をなぎ倒すシーン

他のキャラから比べれば
普通っぽいと思わせていた彼らも
やっぱり超人なんだなってことを再認識させてくれて
格闘シーンはなかなかしびれました揺れるハート


ちなみに
音楽も凝ってて

二人がレストランで落ち合う際にバックに流れる
ネーナ『ロックバルーンは99』
なつかしさで、鳥肌立ちまくりダッシュ(走り出すさま)




posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(SF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。