記事を気に入っていただけたら 1クリックおねがいします 人気ブログランキングへ

2009年07月13日

乗せてってやれよ〜 『ノウイング』


『NEXT』の時の

2分先が読める彼だったら..



もしかしたら

乗せてってくれたかもね〜








観てきました眼鏡

現在公開中exclamation

『アイ,ロボット』アレックス・プロヤス監督
我らがニコラス・ケイジ主演の

地球滅亡系ディザスター・スペクタクル・サスペンス
『ノウイング』
(2009年/アメリカ)


1999年直前にも
『アルマゲドン』VS『ディープ・インパクト』
の2大地球滅亡系作品対決の構図ができあがってましたが

今回も、何かと話題の
2012年まで
いよいよあと3年ということで

”旬モノ”の先陣を切って公開の
パニック大作デス


ちなみに、この後の公開予定作品としては
エメリッヒ監督の『2012』も控えてますヨネ

『2012』の関連記事


50年前に
小学校の記念行事で埋められたタイムカプセルの中から
当時の女児が記した1枚の紙が発見され...

そこに書かれた
一見アトランダムな数字の羅列が
じつは過去50年間の
災害・事故の日付・場所・犠牲者数と
これから起きる未来の災厄をも
予言していることを突き止めた
ニコラス・ケイジ演じる宇宙物理学の大学教授のジョン

やがて未来におこる未曾有の大災厄が
太陽から放出される
スーパーフレアが原因で起こるという事実も
突き止めるのですが...

妻を事故で亡くし
最愛の息子と二人暮らしのジョンなのですが
この息子の特殊な能力/タレント
ストーリーの鍵を握ってきます


見せ場は
予告編にも登場する
旅客機の墜落シーンや地下鉄の事故シーン
どちらのシーン
ほんと 怖すぎデスどんっ(衝撃)

旅客機墜落シーン
墜落までの一部始終を
1カットで見せる表現方法

その場に居合わせているようで
鳥肌立ちましたあせあせ(飛び散る汗)


そして 地下鉄事故シーン
閉塞空間で鉄の塊が
猛烈な破壊エネルギーを秘めて突っ込んでくる
逃げ場のない怖さを
過剰なリアル度で再現してマス

地下鉄シーン
『ファイナル・デッドコースター』
地下鉄場面を超える怖さでしたネダッシュ(走り出すさま)


ストーリーの大筋を語ると
ネタバレになってしまいそうなため
詳細は控えますが

この預言の秘密を握っているのが
やきそば○○○』
平安京○○○○○』


もうお解かりですよネ〜


そしてクライマックス
『NEXT』の時のように
ニコラス・ケイジ
この地球的危機を救えるか否かは...


全体的な感想としては
ストーリー展開的にけっこう解りやすく
見せ場のスペクタクルな映像も
とても凄かった

エマージェンシーな状況下での
最愛の息子との父子愛も良く描かれていて
ラスト
ニコラス・ケイジが息子とともに選択する
愛ゆえの究極の選択の辛さも
痛いほど伝わってきました

その点は良かったぴかぴか(新しい)

注文つけるとすれば
ちょっと”地球居残り組”のエンディング
あまりにもとってつけたような感じになっちゃってバッド(下向き矢印)

そこが残念でしたネ

即席な愛情再認識のみで
せわしなく終わっちゃたような感が...


どうでもいいけど
ニコラス・ケイジはやっぱり
バーボンをぐいっと飲んだくれてる演技が
相変わらずさまになってて、お上手デス

『リービング・ラスベガス』改めて観直したくなりましたネるんるん

『リービング・ラスベガス』のレビュー記事

posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☀| Comment(8) | TrackBack(3) | 映画(サスペンス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ〜♪

アハハハ、乗せてってやれよ〜、はいいですね(笑)。

確かに『地球居残り組』のエンディングは
取って付けた感ありありでした(笑)。
けどラスト、まさかのSFファンタジーはビックリ
しましたね・・・(汗)

私もトラックバックさせてください☆
・・・というか、以前『ミラーズ』もトラックバック
させていただいたつもりだったのができていない?ようで?
ブログ始めたばかりで、どうもこのシステムが
よくわかっておらず(−ω−;)

この記事もできてないかも・・・??

Posted by シバ美 at 2009年07月14日 23:30
シバ美さんの
『ノウイング』の記事も
しっかり読ませてもらいましたヨ

なかなかの辛口レビュー、
これぞ映画愛ですネ〜

これからも気が向いたら
お気軽にTBしてくださいネ〜
Posted by さるうで編集長 at 2009年07月15日 20:35
この映画を見た後、M・ナイト・シャラマンが撮った映画に展開とか似てるなぁと感じました。
アメリカ映画には以前からある、実際宗教・倫理的に削ぐわない、
信じられない事柄が起きてもパニックしないよう準備するための類ですねぇ。
Posted by chou3 at 2009年07月15日 21:22
度々おじゃまします☆

先ほど、さるうでさんの『ミラーズ』と『ノウイング』
の記事にトラックバックさせていただいたのですが、無事送信
できていましたでしょうか…??

お手数ですが、教えていただけるとありがたいですm(_;)m
こちらにコメントしていただいて結構ですので−。
Posted by シバ美 at 2009年07月16日 17:05
シバ美さん、ありがとうございます。
どうも、両方ともTBまだ来てないようです (?_?)
左欄の『最近のトラックバック』で、トラックバックしていただいた方の記事が載ってくるんですが..
再チャレンジしてみてくださいネ♪
Posted by さるうで編集長 at 2009年07月17日 08:07
chouさん、コメント感謝です。

シャマランの『ハプニング』
芝刈り機にみずから身を投げるシーンなんか、
ゾッとしましたね。
『ハプニング』の場合の
"自殺したくなる"異常現象も実に恐ろしいですが、今回の太陽フレアも、どうすればいいんでしょう、って感じでしたよね〜
Posted by さるうで編集長 at 2009年07月17日 20:42
こんにちは。

トンデモ系のサスペンス映画なのかな??
と思って観ていたら、どんどんと怖い展開の
ディザスタームービーに!!

主人公のニコラス・ケイジが、どうすることも出来ない展開の中で、しっかりと親子の絆を描いていて、けっこう感動しちゃいました。
Posted by @KOBA at 2009年07月26日 07:00
@KOBAさん、こんにちは♪

ニコラス・ケイジの踏ん張りによる
ドンデン返しな結末を期待したんですが..
映画は映画って楽しく割り切って見れる
事前の心構えが必要なジャンルの映画ですヨネ

Posted by さるうで編集長 at 2009年07月26日 12:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123438045

この記事へのトラックバック

『ノウイング』エンド・オブ・ザ・ケイジ
Excerpt: 『ノウイング』 KNOWING(2009年アメリカ)  監督 アレックス・プロヤス  脚本 ライン・ダグラス・ピアソン     ジュリエット・スノードン     スタイルズ・ホワイト  原案 ライン..
Weblog: @KOBAのムービー!ムービー!
Tracked: 2009-07-26 06:51

【ノウイング】〜SFパニック〜
Excerpt: ★★☆☆☆(2、5) [E:diamond]製作年度 : 2009年 [E:di
Weblog: シバ美の主婦らしからぬブログ。
Tracked: 2010-05-05 15:12

【ノウイング】〜SFパニック〜
Excerpt: ★★☆☆☆(2、5) [E:diamond]製作年度 : 2009 [E:dia
Weblog: シバ美の主婦らしからぬブログ。
Tracked: 2011-01-18 13:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。