記事を気に入っていただけたら 1クリックおねがいします 人気ブログランキングへ

2009年04月15日

全米上映禁止騒動まで起きた問題作 『リダクテッド』





今日は
ブライアン・デ・パルマ監督作品

ヴェネチア国際映画祭
銀獅子賞(監督賞)受賞作品
イラク戦争の恐るべき真実に迫る
『リダクテッド』
(2007年/アメリカ・カナダ)

描かれる内容は
真実に基づいた
フィクションということで、
一見して限りなく
ノンフィクション風な作り込み

イラク人女性へのレイプ、
一家皆殺し事件を核に
話が進みます。

兵士が撮影した
手持ちビデオ映像を軸にして
イラク戦争が抱える
米兵、イラク人双方の
深い心の闇に迫り
壮絶な報復の連鎖を
とらえていきます台風

過去のデ・パルマ作品って
華麗かつ計算された映像テクニック
魅せる作品が多かった中、
この作品は
映像テクニックなど
まったく排除して、
ドキュメンタリー風に、
目を背けたい映像を
生々しく淡々と、
映し出していきます。

作り物のホラーなんかとは違って
テーマがテーマだけに、
ひじょーに鑑賞後
心がヘビーですバッド(下向き矢印)
posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(戦争) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117520684

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。