記事を気に入っていただけたら 1クリックおねがいします 人気ブログランキングへ

2009年03月29日

酒飲みなmeの心に深く染み入る傑作 『リービング・ラスベガス』





本日は
ニコラス・ケイジ主演作品群の中で
自分の中ではいまだにNo.1作品の
マイク・フィギス監督作品
『リービング・ラスベガス』
(1995年 アメリカ)

映画化決定後自殺した作家
ジョン・オブライエンの自伝的小説に基づいています。

退廃的な雰囲気の中で
アル中男と娼婦の
せつなすぎる
ラブ・ストーリーが展開します

主人公のアルコール依存症の男役に
ニコラス・ケイジがはまりすぎてて、
というか
ニコラス・ケイジ以外の男優では
凡作になってしまうのではないか、
そのくらい、心に染みる演技でしたぴかぴか(新しい)

見事にこの年の
アカデミー主演男優賞
ゴールデングローブ賞男優賞を受賞

深い映画なので
何回か鑑賞して
更に良さがわかる映画だと思います喫茶店


自己中心的こころしみいり度
(5点満点中ひらめきひらめきひらめきひらめき)
posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ドラマ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。