記事を気に入っていただけたら 1クリックおねがいします 人気ブログランキングへ

2009年02月28日

意外と和製ロボも負けてないかも『アイアンマン』






今日は、もうすぐDVDも発売予定、
昨年映画館で鑑賞した中でも
かなりに、お気に入りの一本
アメリカ製ロボットアクション
『アイアンマン』の御紹介

トヨタの工場みたいな
オートメーション用の工業機械が、
主人公の体に、じつに滑らかに
パワード・スーツを装着していく姿
今までの乗り物系あるいは
変形系とも違う斬新さで、
メカ好きにはこたえられない場面でしたるんるん

ちなみにアイアンマン
最高飛行速度は実にマッハ8
東京〜大阪間をざっと3分の早業ぴかぴか(新しい)
日本上空を舞台に、
なんやらかんやらやられても
早すぎてちっともドラマになりませんパンチ

雰囲気の似てないでもない
往年の和製アニメヒーロー『エイトマン』
マッハ2.5
アイアンマン初期型のゴツイ雰囲気をもつ
和製特撮『大鉄人ワンセブン』は以外にマッハ7
(実際はどう見てものろかったけど)
意外と日本製も早いじゃないですかダッシュ(走り出すさま)

キャスト的には、ロバート・ダウニーJr.
吹っ切れてていいですね。
そして、久々に
かわいいグウィネス・パルトローが見れました猫

どうでもいいけど、CEOの愛車
アウディR8のお値段、約1,700万円exclamation×2
自己中心的オススメ度10点中☆☆☆☆☆☆☆☆☆






posted by さるうで編集長 at 19:04| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(アクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

ラストは深く考えさせられました『キングダム 〜見えざる敵〜』






今日の御紹介は、マイケル・マン製作
ジェイミー・フォックス主演
サスペンス・アクション大作
『キングダム 〜見えざる敵〜』

マイケル・マン、大好きでするんるん
『コラテラル』
乾いた演出、映像感がとても良かったんですが、
今回も、ドキュメンタリー風の映像とカット割りで、
特に最後の数十分間の緊迫感はリアルすぎます。

音楽もイイデスネ〜、
緊迫感を煽る押さえた旋律雷

ラストは永遠なる問題提示を残して、
エンディングを迎えます。
考えさせられました。

自己中心的オススメ度10点中☆☆☆☆☆☆☆☆☆



posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サスペンス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

こんな上司いややわ〜


上司がこんなんじゃ
部下はやってられないでしょうねー(長音記号1)
ホント、部下の方、頭が下がりますあせあせ(飛び散る汗)

しかし
絶対、ポーカーフェイス
マスクの下の素顔は
にやけまくってると思いますexclamation

是非、一度ごらんあれバッド(下向き矢印)
YouTube『感じの悪いダースベーダー』
http://www.youtube.com/watch?v=Y4p9zfXGf_w
posted by さるうで編集長 at 20:15| 新潟 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | コーヒーブレイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

早く見てみたい!『スラムドッグ$ミリオネア』



今年のアカデミー賞は、
日本映画のW受賞で、
例年以上に日本国内でも
盛り上がった感がありますが、
何はともあれ、やっぱり作品賞の
『スラムドッグ$ミリオネア(Slumdog Millionaire)』
を早く見てみたいですね〜ぴかぴか(新しい)

ダニー・ボイル監督、ボク的には
最近は『28日後』『28週後』の
イメージが強くなりすぎちゃって、
と思ってたんですが、
予告編をみたら、ジャンルは違えど、
ダニー・ボイル節的な匂い
プンプンしてきました。

4月公開が楽しみでするんるん






posted by さるうで編集長 at 19:55| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かめばかむほど謎がでる『マルホランド・ドライブ』





今回は、第54回カンヌ国際映画祭監督賞受賞作
デビッド・リンチ監督の『マルホランド・ドライブ

ツイン・ピークス」ばりの
不条理さと妖しい映像。
サスペンスの枠をこえてますね台風

エンディングに「は〜?」とため息をつくか
つかないかは、あなたの感性次第です。

はまると、何回でも見たくなります目

この映画の解釈は、三者三様、
千差万別の解釈があると思いますが、
今をときめくナオミ・ワッツ
ういういしさ漂う演技が
グーですexclamation

自己中心的オススメ度10点中☆☆☆☆☆☆☆☆




posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サスペンス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。