記事を気に入っていただけたら 1クリックおねがいします 人気ブログランキングへ

2009年01月24日

すべて思い出しちゃった!『ボーン・アルティメイタム』





今日の御紹介は、お気に入り
「ボーン・アルティメイタム」です。
この映画、一番御苦労されたスタッフは
編集作業の方じゃないでしょうか?
カット割りが通常の映画に比較して
倍以上に多くて、めまぐるしい展開です。
緊張感がずっと持続したまま、
ラストまで突っ走ります。
映画を盛り立てているのが音楽ですね〜。
そして、2人の女優陣が素晴らしい。
ジュリア・スタイルズと、ジョアン・アレン
どちらも持ち味を出しててイイデスネ〜。
ジュリア・スタイルズの低音ボイスがサイコーexclamation×2
あと、悪役のデヴィッド・ストラザーン
コートやマフラーのさりげなさがカッコイイです。
3部作の中でも、どんどん面白くなっていく
稀有なシリーズものだと思います猫

自己中心的オススメ度10点中☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(アクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

植物ほど怖いものはない『ハプニング』





今日は、M・ナイト・シャマラン監督の最新作「ハプニング」です。
冒頭、公園で人々が静止画のようにストップする光景。
なんのことはないはずなのに、じつに不吉な感じデスネ〜台風
あと、逃げる主人公達を一度は迎え入れる
一人暮らしのおばあさんが、かなり怖いです。
やはりヒッチコック映画のにおい、プンプンですね。
ヒッチコックの「鳥」みたいな、なんだかわからない不条理さで、
全く笑える要素がなかったです。
ちなみに、今までのシャマランの中では、
個人的には「アンブレイカブル」が好きですね、テーマ音楽とか。
そういえば、今回は監督、どこにでてきたんだっけ...魚座

自己中心的オススメ度10点中☆☆☆☆☆☆☆

今回の珍変換⇒暗部冷夏ぶる(アンブレイカブル)
posted by さるうで編集長 at 20:17| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画(ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

くちびる星人『テイキング・ライブス』





本日は,アンジェリーナ・ジョリー主演の
サイコ・サスペンス「テイキング・ライブス」
を御紹介いたします。
同じジョリー様主演のサイコもの、
「ボーン・コレクター」より捜査官的に強くなり、
しかし、女性のしおらしさ・人間の弱さも
かいまみせた役作り、最近強くなりすぎて
無敵化してしまった感のある今のジョリー様より、
好感が持てました。
展開も秀逸で、改めてみても面白いです。
なお本作、FBIに追われる立場で、
ジャック・バウアー氏も出演してます!
しかしジョリー様の唇は、透明ガラスに押し当てたように
かっこいいデスネ〜、
今後DVD発売される「ウォンテッド」も一押しです!

自己中心的オススメ度10点中☆☆☆☆☆☆☆☆☆




posted by さるうで編集長 at 12:29| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サスペンス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

駐車場はバックで止めろ!『P2』





今日は、高層ビルの地下駐車場内でのクリスマスイブの密室劇、
「P2」を御紹介いたします。
サスペンスに毛の生えた程度かと思って借りてみたらビックリ!
かなりのグロ描写連続です。
を犯行凶器として使用する映画の中でも、
こんなにグロい表現は久しぶりです。
製作、脚本のアレクサンドル・アジャ
「ハイ・テンション」そして「ヒルズ・ハブ・アイズ」の監督と聞けば、まあ、納得の感がします。
ヒロインに対する偏執愛と狂気に関しては、
「コレクター」を思い起こしました。
ヒロインがグーです。

自己中心的オススメ度10点中☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

暗い夜だと思ってた...『ダーク・ナイト』





今日の1本は、「ダーク・ナイト」言わずと知れたメジャー大作ですね。
バットマンシリーズとは言いながらも、
今までにはないシリアスで、文字通りダークな
雰囲気を漂わせています。
ジョーカー役のヒース・レジャーの遺作ともなった本作ですが、
特に中盤のバット・ポッドとジョーカー・トレーラーとの
攻防に、しびれました。
バット・ポッドが、バット・モービルから変形して飛び出してくる
ギミック、プラモで作ってヨ〜。
あと、バットマンの目が光る終盤の攻防、
どんなテクノロジーになってるんでしょう?
バットマン役のクリスチャン・ベールが殆ど笑いませんが、
大好きです。「マシニスト」の激ヤセ役作りも良かったですが、
「アメリカン・サイコ」の狂気ぶりが一番すきですね。
どこか、ブルース・ウェインのハイソな感じともだぶります。
しかし、ダーク・ナイトって、ずっと「暗い夜」だと思ってた...

自己中心的オススメ度10点中☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by さるうで編集長 at 00:00| 新潟 ⛄| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画(SF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。